お探しの浴衣はどれですか?
大人っぽい浴衣コーナー
かわいい浴衣コーナーモダンな浴衣コーナーお得なセット浴衣コーナー

南の島に浴衣を持っていく

昨日、着物の着付けの先生といろいろ話してまして、
やっぱり温泉は温泉浴衣が似合ってるのかなと。考えてみれば温泉浴衣はそのまま寝れるようにすこしゆったりした感じでつくられていて、それが温泉街ののんびり感をだしているところもあるので、温泉浴衣が一番合うのかなと思ったりもします。まぁ、NGではないんですけどね。

んじゃ、日本の冬、いったいどういうシチュエーションだったら浴衣が合うのかなといろいろ意見をお聞きしたら

「南の島にもってったらいいんじゃない?」と。

おお!確かに、ハワイとかの常夏の島で浴衣。いいじゃないですか。
そうそう、その先生から教えてもらったんですが、アロハシャツの起源は日本の着物って知ってました?
その昔、日本からの移民が着物をハワイで再利用する時にに現地風に仕立て直したのが起源らしいんです。あるいは、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてほしい」と頼んだのが起源という説もあるそうで、いずれにしろ柄あでやかなあのハワイのアロハシャツの起源は日本なんですって。

んじゃぁ、ぜんぜん遠慮することないですよね。ハワイに行くときはぜひ浴衣を持って行って現地の人に「Beautiful!」って言わせちゃいましょう!

寒くても浴衣が似合う場所

秋も終わり冬が近づいてくると、浴衣を着る機会も来年の夏までお預けだなぁ。。。なんて思ってませんか?
いやいや、寒い時でも浴衣が活躍する場所があるんですよ。それはズバリ
「温泉地」
温泉旅行は冬の定番行事。土産物屋とか旅館の近所を散策するとき、みな温泉浴衣に茶羽織を羽織ってうろうろしてませんか?まぁ、あれはあれで温泉っぽくていいんですけど、どうせなら自前の浴衣を持って行って着てしまいましょうよ。
さすがに「花火」とか「ひまわり」とか夏っぽい柄は避けた方がいいですけど、浴衣にはオールマイティで着れそうな柄だってそろってるんです。ステキな浴衣、真夏しか着ないなんてもったいない。
あ、そうそう、帯を工夫してカジュアルな感じでかっこよく着ましょうね。どうしても違和感あるって人は伊達締め1本持って行って温泉浴衣をピシッと着てみるのもかっこいいですよ。