お探しの浴衣はどれですか?
大人っぽい浴衣コーナー
かわいい浴衣コーナーモダンな浴衣コーナーお得なセット浴衣コーナー

涼しさトップクラスの浴衣

浴衣生地の材質として、一番メジャーなのは「綿」ですよね
そこから涼しさを追求していくと「綿麻」になり
「綿絽(めんろ)」となります。
綿絽はよく夏の着物に使われる生地ですが、綿絽の浴衣は適度な透け感があり、風通しも良くとても涼しい浴衣です。

涼しい綿麻のかわいい浴衣

蒸し暑い祭りの夜に化繊のゆかたを着て汗びっしょりになってる女性を見ると、ホントかわいそうになってきます。浴衣や着物は柄や形だけでなく、とっても多彩な織と生地を持っています。というかむしろ生地が主役といってもいいでしょうね。
浴衣にもいろんな生地があって、この綿麻の浴衣なんて真夏の夜におすすめです。扱いやすくて涼しい。
あと、個人的にところどころ透けてる感じが女性の色気をかもしだしてていいなぁと思います。
上の浴衣、綿麻です。柄もかわいいでしょ?

浴衣の素材と織

浴衣を選ぶとき、どうしても「柄」だけ見て選んでしまいがちになります。
もちろんデザインも大事な要素の一つですが「素材」に関してもおろそかにしていると購入したあと後悔します。素材や織のこともしっかりと理解して浴衣をえらびましょうね。

素材で違う暑さ加減

着物って暑そうですよね、でも真夏の京都とかで着物を着て日傘さして普通に歩いているお姉さんとか(おばさんというと怒られるので)たくさんおられます。大丈夫なのでしょうか?暑くないのでしょうか?
着物は古くから日本で育った文化です。その歴史も長く、いろんな材質や織の方法で四季折々に快適に着る事ができるように進化してきました。もちろん浴衣も同じです。同じ浴衣でも材質次第で全く快適さが変わってきます。麻の着物とポリの浴衣だとポリエステル製の浴衣の方がはるかに着ていて暑いはずです。浴衣の主な素材は「綿」ですがこれも結構暑いです。
最近多いですよね、暑いからといって浴衣の袖を肩までまくり上げてる若い子。これはっきりいって一番不細工です。暑いときは、麻とかの涼しい材質の浴衣を選んでシャキッと着こなすのがかっこいい女性ってものです。
暑い :ポリエステル

普通 :綿

涼しい:麻

一番のお勧めは「綿麻」

というわけで、着心地と涼しさを兼ね備えた一番のお勧めは「綿麻」の浴衣ですね。
さらに、しじら織とかでシャリッと感が出ているモノなら肌にもぺたっと触れることがなく涼しく感じることができるでしょうね。

しじら織のお得なセットは
きものひととき公式サイト>>コチラまで