お探しの浴衣はどれですか?
大人っぽい浴衣コーナー
かわいい浴衣コーナーモダンな浴衣コーナーお得なセット浴衣コーナー

浴衣 通販 選び方「色」編

浴衣を選ぶとき、柄と同じくらい大切なポイントはなんといっても「色」です。同じ柄でも色見が変わるだけで見た目の印象はガラリと変わってしまいます。自分にはいったいどんな色が合っているのかな?
そんな疑問を解く参考になれば幸いです。

浴衣の色 青✕白 藍色✕白 は王道カラー

k8x78_3浴衣といえばまず思いつくのが「藍色」なんとも言えない深い青い色です。なぜ藍色が浴衣というジャンルでメジャーなカラーになったかには訳があって、事の起こりは江戸時代の「奢侈禁止令」というおふれにあります。
この「奢侈禁止令」簡単にいうと「身分に合った着物を着ろ」「贅沢は敵だ」という2つの内容で倹約を推奨・強制するもので、着物の材質だけではなく、色や柄に至るまで細かい制約が盛り込まれました。
その中で一般町民は絹禁止、材料は木綿で色は藍染のみとなってしまいました。制約があれば技術は伸びるもので、それなら木綿と藍染しばりでどれだけのものができるのか作ってやろうじゃないかというかたちでいろんな藍染方が生まれ、柄が生まれ、藍色の着物、浴衣は王道となっていきました。
つまりある意味浴衣の中で一番バリエーションに富み、豊富な柄をもっているのが藍色の浴衣だといえるかもしれませんね。

上の写真の浴衣詳細は>>コチラ

浴衣の色 涼し気だけど実は難易度が高いパステルカラー

y1-bra016ok_3淡いパステルカラーは見た目も涼し気でついつい買ってしまいそうになるカラーです。がしかし!私の知人にこの手のカラーの浴衣を買ったはいいけどダメだった的な評価をする人が複数います。なぜか!?
それは着こなしのインパクトが弱すぎてサナトリウムで療養中の結核患者みたいな印象になってしまうからなんです。
ポップな柄を選んでみるとか、小物に少しビビットな色を入れるとか、帯にサテンの輝きを入れてみるとか兵児帯で動きを出してみるとかの工夫が必要です。
着こなしがむつかしい代わりに、決まればこれほど「涼」を演出できるカラーはありません。チャレンジしてみる価値のある色見と言えますね。

上の写真の浴衣詳細は>>コチラ
※検索窓に「BiSOU 金魚」と入れて探してみてくださいね。

浴衣で可愛さを演出する色ならなんといってもビビッドカラー

y2-brand645ok_3子供や若い子に人気のピンクとかのビビッドカラー。ポイントは使われている色の数。いろんな色でにぎやかな浴衣はもちろんかわいいですが、大人の女性はなかなか着れないですよね。
でもポイントは色の数。赤、黄色、青とかいっぱい入ったきゃらきゃらした色見ではなくピンク一色のみとかに色数を減らせばビビッドなカラーでも大人かわいいを演出することだって可能なんですよ。
ビビッドな色見だけど単色、しかもシンプルな柄で選べばかわいいながらもキリッとした印象を与えてくれます。絞りの柄とかもいいですね。着物の面白いところですよね。ナチュラル系のカラーでも同じことがいえます。
上の写真の浴衣詳細は>>コチラ
※検索窓に「BiSOU 浴衣 赤」と入れて探してみてくださいね。

浴衣の色 上級者向けなのはモノトーン

p100013901パステルカラー以上に着こなしが難しいのが「モノトーン」カラーの浴衣。黒メインのグレー系、グリーン系いろいろありますが、モノトーンの場合なんといってもカギとなるのがその「柄」です。
チェックを基調とした柄とかだと非常にポップで和モダンな感じになりますが草や花とかの自然物の柄があしらわれると、一歩間違えると非常に落ち着いた、悪く言うと年寄りくさいイメージになってしまいます。
モノトーンの浴衣を選ぶ場合はその柄で冒険するくらいの感覚で選んだ方がモダンで今風な感じになって、浴衣でおしゃれを演出できますよ。

上の写真の浴衣詳細は>>コチラ